3118.com云顶(中国)有限公司-Professional website

現在の場所:ホーム > 技術サービス > 技術サービス

技術サービス

超精密研磨研磨加工の方法と特徴はどれらがありますか

発行者:管理者 日付:2023-01-07

研削は一般的な半仕上げ加工と仕上げ加工方法であり、砥石は研削の切削工具であり、研削は砥石表面に大量にランダムに分布した砥粒によってワーク表面に滑り、スクライブ、切削の3つの作用を行う総合的な結果である。研削の基本的な特徴は次のとおりです。

1.研削の切削速度が高く、研削温度が高い。通常外周研削時v=35 m/s、高速研削v>50 m/s。研削によって発生した切削熱の80%〜90%はワーク(10%〜15%は砥石に伝わり、1%〜10%は研削屑によって持ち去られる)に伝わり、砥石の熱伝導性が非常に悪く、ワーク表面の火傷と微小亀裂を引き起こしやすい。そのため、研削時に大量の切削液を用いて研削温度を下げるべきである。

2.高い加工精度と小さい表面粗さ値を得ることができ、加工精度はIT 6-IT 4に達することができ、表面粗さ値はRa 0.8-0.02に達することができるμm。研削は仕上げだけでなく、粗研削、荒研削、重荷重研削もできる。

3.研削のバック研削力が大きいのは砥粒の負の前角が大きく、かつ切削刃の鈍円半径rnが大きいため、バック研削力が接線研削力より大きく、砥石とワークの接触幅が大きい。ワーク、治具及び工作機械に弾性変形が生じ、加工精度に影響を与える。そのため、剛性の悪いワークを加工する場合(例えば細長い軸を研削する)には、ワークの変形による加工精度の影響を防止するための対策を講じるべきである。

4.砥石は研削過程で自鋭作用があり、砥石は破砕して鋭い新しい角を発生し、砥石の脱落によって新しい鋭い砥石の層が露出し、砥石の切削能力を部分的に回復することができ、この現象は砥石の自鋭作用と呼ばれ、研削加工に有利である。

5.高硬度材料を加工することができ、鋳鉄、炭素鋼、合金鋼などの一般的な構造材料を加工することができるほか、焼入れ鋼、硬質合金、セラミックス、ガラスなどの一般的な工具では切削しにくい高硬度材料を加工することができる。しかし、塑性の大きい非鉄金属ワークを仕上げてはならない。
CopyRight © 2022 東莞市聖高機械科技有限公司 All Rights Reserved.    粤ICP备12086967号
XML 地图